渡邉会長の常勤復帰で見えたワタミのリスク

「彼らの中計は全然ダメ」

部門ごとに見ると、主力の居酒屋事業は営業利益8.6億円(前年同期比37.1%増)と減価償却が減ったことを主因に増益。既存店の前年比売上高は96.4%と10年以上に渡って前年割れが続いている。収益源だった介護事業も人件費の増加や有料老人ホームの建設認可が厳しくなっていることが影響し、営業益は22.4億円とほぼ横ばいだった。

気を吐いたのは宅配弁当。宅配拠点を積極的に増やしたことが寄与し営業利益13.2億円(前年同期比52.2%増)と好調だった。もっとも、セブン&アイ・ホールディングス傘下のセブンミールなど競合も続々と宅配事業を強化しており、楽観できる経営環境ではない。

桑原社長が持ちかける

桑原豊社長は「ますます経営環境が厳しくなる。後半うまく行くとは考えていない」としたうえで、「もう1度高い成長をできるワタミに作り直そうと、非常勤で会長をしている渡邉に常勤になるよう私から持ちかけた」。13年1月に戦略会議を設置し、今後の成長策を練り直す方針だ。渡邉氏の指揮の下でもう一度ビジネスモデルを作り直し、10年後に売上高4000億円を目指す。

(タイトル下写真は昨年11月、東洋経済のインタビューに答える渡邉氏、撮影:梅谷 秀司)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT