コカ・コーラ 叩き上げの復活経営

ネビル・イズデル、デイビッド・ビーズリー著

コカ・コーラ 叩き上げの復活経営 ネビル・イズデル、デイビッド・ビーズリー著/関 美和訳

グローバルなブランディングの鑑、常勝企業に見えるコカ・コーラ。だが、2000年代前半には凋落の一途をたどった時期があった。その低迷を打破したのが、本書の著者の一人、第12代会長兼CEOのネビル・イズデルだった。

取締役会は、2004年春、カリブ海で引退生活を送るイズデル子会社元社長を米国アトランタ本社に呼び戻した。彼はペプシとの攻防、各国ボトラーとの軋轢、健康ブームの台頭、大量解雇のツケといった負の遺産を乗り越え、再建に成功する。その異能の経営者が30余年のコカ・コーラ・キャリアを総括する。

北アイルランドに生まれ、10歳のとき、家族とともにアフリカに移住。ケープタウン大学を卒業後、ザンビアのコカ・コーラボトラーに入社。南アフリカ、豪州、フィリピン、欧州と渡り歩き、インドや中東、東欧、旧ソ連などの市場開拓も手掛けた。

グローバル人材の思考と行動が見事に活写される。

早川書房 2100円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。