25歳以上の未婚女性は、「売れ残り」ではない

中国の女性は結婚への重圧と戦っている

「東京カレンダー」(運営:東京カレンダー株式会社)の提供記事です

中国女性はいま、結婚に対する重圧と戦いながら、前向きに生きている――。

公開から瞬く間に、1日で100万ビュー、5日間で300万ビューを突破し、日増しに各国で話題をよんでいる動画がある。化粧品大手のSK-Ⅱによるキャンペーンで、その動画は、現在の中国社会において、最も議論されるテーマのひとつ"剩女(残りものの女性)"について取り上げたものだ。

結婚しない女性は半人前とみなされる中国社会。キャリアを築き自立しながらも、27歳頃までに結婚はすべきというプレッシャーと戦う独身女性たちと、その家族の姿を追うドキュメンタリーだ。動画の最後に、自分らしく生きることを決めた彼女たちから、あっと驚くような仕掛けが、両親や友人たちへ用意されていた。

「剩女“残りものの女性”」とは?

結婚適齢期なんて誰が決めたのだろう…。いまの私って、剩女=“残り物の女性”なの…?

剩女という言葉は25歳以上の未婚女性を意味する。

ニューヨーク・タイムズ紙によれば、この言葉は2007年に中華全国婦女聯合会によって広められ「残りものの女性」と訳されている。BBC、ニューヨーク・タイムズ、チャイナデイリーでも報道されたように、この表現は「本当に愛する人と結婚したい」と考える女性たちを非難する言葉として使用されてきた。

だが現実は、中国にて妙齢女性が「愛のために結婚したい!」と主張する事は容易いことではないのだ。

次ページ両親を悲しませたくはないのに...
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。