エクアドル地震、死者少なくとも350人に 

エネルギー施設の被害ほぼなし

4月18日、エクアドルで16日に発生したマグニチュード(M)7.8の地震による死者数が少なくとも350人に上っていることが明らかになった。写真は17日、太平洋湾岸のマンタの被害状況を視察するコレア大統領(2016年 ロイター/Carlos Silva/Courtesy of Ecuadorian Presidency)

[ペデルナレス/ポルトビエホ(エクアドル) 18日 ロイター] - エクアドルで16日に発生したマグニチュード(M)7.8の地震による死者数が少なくとも350人に上っていることが18日、明らかになった。

負傷者数は少なくとも2068人。コレア大統領はロイターに対し、震源地に近いポルトビエホの死者数が増えたことで、全体の数はさらに増える恐れがあると述べた。

エクアドルでは16日の本震の後も約230回の余震が発生。被害の全容はまだ明らかになっていないが、主力産業のエネルギー部門では主なインフラには大きな被害は出ていないもよう。ただバナナ、カカオ、花き、魚介類などの輸出が交通機関や港湾設備の状況により遅れる恐れが出ており、原油安で打撃を受けているエクアドル経済が一段と悪化する恐れがある。

関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。