最新「CSR企業ランキング」業種別トップ20

ハイレベルな電機、卸売は伊藤忠が首位

アステラス製薬は医薬品でトップ(撮影:梅谷 秀司)

信頼される会社をCSRと財務の両面から見つける「CSR企業ランキング」。先日ご紹介した総合ランキング部門別ランキングに続き、今回は「所属業種別のランキング」をお届けする(金融・未上場を除く。同業種は別途発表予定、ポイント算出方法など、ランキングについての解説はこちら

大手製造業以外の会社に注目

総合ランキングは大手の製造業が上位となりやすい。ただ、CSR活動は業種・業態により行える内容の差が大きい。そのため、各企業のCSRの取り組みを評価する際は全体の序列だけでなく業種ごとに見ていくことが必要だ。そこで、今回はいくつか業種をまとめ、最大上位20社をご紹介する。

まず各業種のトップ企業をまとめた。総合ランキングの上位企業が多いもののその他製品トップの大日本印刷(総合51位)、不動産業トップの三井不動産(同116位)、サービス業トップのセコム(同81位)は総合でトップ50に入っていない。

ただし、業種による活動範囲の違いなどを考慮するとこれら「業種トップ」は総合順位とは関係なく各業種を代表する「CSR先進企業」と判断して良い。こうした違いがあることを知った上で業種ごとのランキングを見ていこう。

次ページまずは水産/農林/鉱業/建設業、食料品、繊維製品
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT