「新・企業力ランキングトップ300社」2016

財務データで計る企業の実力、BtoBが躍進

急成長著しい富士重工業(スバル)が初の1位に(写真は東京・恵比寿の本社、撮影:梅谷 秀司)

財務データから企業の真の力を探ろうとする「新・企業力ランキング」。今回は第10回の節目の発表となる。成長性、収益性、安全性、規模の4つのカテゴリーで合計20の財務指標を3年平均し、多変量解析の「主成分分析」で相対評価。各得点を合計して総合ランキングを作成した。

ランキング対象は2015年9月1日時点で上場している一般事業会社(銀行、証券、保険、その他金融は除く)のうち主成分析用の財務データが取得可能な3357社だ。

富士重工業が初のトップ

ランキングは富士重工業が初のトップとなった。総合得点は3772点。成長性1000点、収益性904点、安全性869点、規模999点といずれも高得点だった。

『CSR企業総覧2016』(東洋経済新報社)。有力・先進1325社のCSRデータを掲載。上の画像をクリックすると購入サイトにジャンプします

2015年3月期の売上高は2兆8779億円と前期比19%増で5年前からは倍増。営業利益も同29%増の4230億円で、5年前の10倍以上となっている。大幅な増収増益で成長性得点は前年975点からさらにアップし満点の1000点となった。

収益面も2015年3月期のROE(自己資本利益率)は25.6%、売上高営業利益率は14.7%と高く収益性得点も904点とトップクラス。年初からの急激な株安円高は懸念要因だが、足元の販売は好調だ。2016年3月期はいよいよ売り上げ3兆円突破、当期純利益は4000億円超えの最高益更新が確実。次回、2年連続トップの可能性も高い。

次ページ2位以下の動きは?
人気記事
トピックボードAD
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • スナックが呼んでいる
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。