最新!金融・未上場版「CSR企業ランキング」

金融1位は2年連続で損保J日興が奪取

東京・新宿の損保ジャパン日本興亜本社(撮影:吉野 純治)

年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が国内株式を対象にしたESG(環境・社会・ガバナンス)指数の公募を発表した。もっとも応募者には「作成した株価指数に連動した運用の経験」などの条件があり、応募可能な組織は一部に限られそう。

しかし、世界最大の機関投資家であるGPIFが環境や社会面などを考慮したESG投資を本格開始となれば、日本でも幅広い非財務情報を使って投資判断をする流れが加速すると予想される。

4つの評価軸で企業を判断

さて、ESGの評価は我々東洋経済新報社も長年にわたり行ってきた。独自の調査票で集めたCSR情報を基に環境(E)、社会性(S)、企業統治(G)に加えて人材活用(H)の4つの評価軸で「東洋経済CSR評価」を作成。「会社の基盤は人」という基本的な考えのもと、ESGのベースとして人材活用(H)を重視し、「ESG-H」という枠組みで企業を判断するやり方を2006年から行ってきた。

この「東洋経済CSR評価」を使い作成している今年で10回目となる「2016年版CSR企業ランキング」(評価データの作成は2015年)。すでに前半の発表は終了し、今回は後半第1弾、金融機関と未上場企業を対象にした「金融機関・未上場版CSR企業ランキング」をご紹介する(ポイント算出方法など、ランキングについての解説はこちら)。いずれも財務データを除いた形でのランキングとなっている。

※最新のCSR関連ランキングはこちら
総合ランキング部門別ランキング業種別ランキング

まずは金融機関上位30社だ。

次ページ金融部門のランキングを紹介!
人気記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。