最新!金融・未上場版「CSR企業ランキング」 金融1位は2年連続で損保J日興が奪取

✎ 1〜 ✎ 45 ✎ 46 ✎ 47 ✎ 最新
拡大
縮小
東京・新宿の損保ジャパン日本興亜本社(撮影:吉野 純治)

年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が国内株式を対象にしたESG(環境・社会・ガバナンス)指数の公募を発表した。もっとも応募者には「作成した株価指数に連動した運用の経験」などの条件があり、応募可能な組織は一部に限られそう。

しかし、世界最大の機関投資家であるGPIFが環境や社会面などを考慮したESG投資を本格開始となれば、日本でも幅広い非財務情報を使って投資判断をする流れが加速すると予想される。

4つの評価軸で企業を判断

さて、ESGの評価は我々東洋経済新報社も長年にわたり行ってきた。独自の調査票で集めたCSR情報を基に環境(E)、社会性(S)、企業統治(G)に加えて人材活用(H)の4つの評価軸で「東洋経済CSR評価」を作成。「会社の基盤は人」という基本的な考えのもと、ESGのベースとして人材活用(H)を重視し、「ESG-H」という枠組みで企業を判断するやり方を2006年から行ってきた。

この「東洋経済CSR評価」を使い作成している今年で10回目となる「2016年版CSR企業ランキング」(評価データの作成は2015年)。すでに前半の発表は終了し、今回は後半第1弾、金融機関と未上場企業を対象にした「金融機関・未上場版CSR企業ランキング」をご紹介する(ポイント算出方法など、ランキングについての解説はこちら)。いずれも財務データを除いた形でのランキングとなっている。

※最新のCSR関連ランキングはこちら
総合ランキング部門別ランキング業種別ランキング

まずは金融機関上位30社だ。

次ページ金融部門のランキングを紹介!
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT