炭素繊維に積極投資する東レの強みと弱み

 

炭素繊維は機能性の高い素材として各産業からの注目が高い。現在、東レは世界シェア3割超を生産しており最大手だが、懸念もある。中国やトルコなどコスト競争力に優る新興国が炭素繊維の生産に本腰を入れているのだ。今後は産業用の汎用性の高い炭素繊維を中心に、価格競争が激化するとの見方も出ている。

 

これに対し、東レは13年に稼働予定の韓国新工場を、産業用汎用炭素繊維のコスト競争力を高める拠点とし、低価格化に対応する。また「安全性への実績が重視される航空機向けは、検証に長時間かかるため、新興国の炭素繊維の採用はまだまだ先」(アナリスト)との見方が大半を占めており、牙城となる航空機向けなどハイエンド分野での強みもしばらく維持できそうだ。

将来、新興勢に逆転されないためにも、今回の大規模な設備増強を軸に需要を取り込み、炭素繊維分野でのリードを広げたいところだ。

(鈴木 良英 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
過熱! プログラミング教室<br>2020年度小学校必修化迫る

公教育への導入を目前に、プログラミング教室が急成長を遂げている。学習塾やIT企業だけではない。家電量販店や玩具メーカー、鉄道会社など異業種からも続々参入、供給過剰感も強まる。講師不足という問題も深刻に。