コマツ工場に投石被害、操業一時停止だが影響は限定的

中国デモの傷跡

中国デモでコマツ工場に投石被害、操業一時停止だが影響は限定的

コマツをはじめとする建設機械メーカーにとって、中国は生産、販売両面で重要な国だ。その中国における反日デモで、コマツは工場の窓ガラスを割られる被害を受け、中国6工場の操業を一時停止した。ただ、中国の建機需要は2011年の春先以来低迷しているため、もともと工場は低稼働。不幸中の幸いで、生産停止がしばらく続いても影響は小さそうだ。

コマツは9月16日に、山東省済寧の工場で、デモ隊の投石により窓ガラスが割られる被害を受けた。被害総額は不明だが、稼働に支障はないという。これを受け、コマツは17日と18日、中国に6カ所ある生産拠点すべてで操業を停止した。日本人駐在員と現地従業員は全員自宅待機とした。

19日に江蘇省の3工場は操業を再開。投石の被害を受けた工場を含む山東省の3工場は、念のため19日も操業を見合わせた。20日以降の稼働再開は状況をみながら判断する。

一方、日立建機の中国の拠点は、19日現在デモによる被害は受けていない。15日に安徽省合肥市の油圧ショベル工場近辺で大規模なデモの予告があったため、日本人駐在員23人を10月初旬の国慶節明けまでをメドに、全員帰国させた。ただ、工場は生産調整明けの17日以降、現地スタッフにより通常操業している。

2011年春先から、中国の建機需要は低迷を続けている。コマツの中国工場の稼働率は平均30%程度、日立建機も月2週間の生産調整をしている。そのため、デモによる操業停止の影響は限定的とみられる。だが、三一重工など現地の建機メーカーが力をつける中、今回のデモは今後日本メーカーの販売にマイナス影響を及ぼす可能性がある。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT