iPhone5が登場、「サプライズ」なく、ソフトバンク、KDDIの株価は…

iPhone5が登場、「サプライズ」なく、ソフトバンク、KDDIの株価は…

米アップルは13日(日本時間)、iPhoneの新モデル「iPhone5」を発表した。日本では21日から発売を開始、通信会社は従来通りソフトバンクとKDDI(au)が扱う。

iPhone5そのものの内容については、事前に詳細にわたって大量の「ウワサ」が出回っており、機能などについてはサプライズはなかった。これだけの詳細かつ正確な情報が各方面からリークされるということは、iPhoneがそれだけ注目度の高いオバケ商品と言うことを改めて物語っていよう。

さて、そういうこともあってか、iPhoneを主力とするソフトバンクの前引け株価は前日比0.8%程度の小幅な下げ。6月以降、好業績を受けて上げ続けていただけに、様子見といったところか。KDDIは前日比で下げて始まったものの前引けにかけて上げに転じ、1%強の値上がり。一方、NTTドコモはほぼ横ばいだ。



iPhone5(左)と新しいiPod touch(右)


◆ソフトバンクの業績予想、会社概要はこちら

[日足 +画面クリックで詳細チャートを表示]

>


◆KDDIの業績予想、会社概要はこちら

[日足 +画面クリックで詳細チャートを表示]


◆NTTドコモの業績予想、会社概要はこちら

[日足 +画面クリックで詳細チャートを表示]

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT