キリン株主総会、上場来初の赤字も「閑古鳥」

お土産廃止で、出席者は4分の1に

――レアル安による減損の背景についても、もう少しわかりやすく説明して欲しい。

溝内良輔・常務執行役員(ブラジル担当):レアルについては、2014年は1ドル=約2.2~2.3レアルだったが、2015年後半には4レアルまで下落した。モルト・ホップ・缶など原材料の多くを(ドル建てで)輸入しているため、製造コストが約2倍になった。

ブラジル経済の停滞も響いた。2013年の経済成長率は約3%だったが、2014年はほぼ0%。2015年はマイナス4%ほどになった。競合である(地元メーカーの)ペトロポリスが、(キリンの利益市場だった)北部に進出したこともあり、昨年のブラジル事業はビールの販売数量ベースで前年比マイナス約17%となった。

昨年8月に現地のCEOを交代。役員も8名中7名を交代した。2015年第4四半期にはビールの販売数量が下げ止まり、今年の第1四半期も前年を超えるところまできている。(目標とする)2019年の黒字化に向けて頑張っていきたい。

――ブラジル事業は減損となったが、これにこりず大きなチャレンジを続けて欲しい。

磯崎功典・代表取締役社長:ブラジルの件は一つの教訓として生かしていく。そして、萎縮することなくチャレンジをし、海外進出も続けたい。

――海外企業の買収後の統合についてどう考えるか。

西村慶介・代表取締役常務執行役員(東南アジア担当):買収した企業を多面的に評価して、自立させるべきか、キリンHDが経営資源を投入すべきかを見極める。(2015年夏に株式の55%を取得した)ミャンマー・ブルワリーについても、今後の市場環境の変化を見ながら、どういった支援をすべきか検討していく。

株主は国内の再編にも関心

――日本のビール業界の再編についてどう考えるか。

磯崎社長:一般論として人口が減れば、ビールの消費も減っていく。遠い将来には、再編ということもありえるかもしれない。ただ、現時点で明確な方針や事実があるというわけではない。

――キリンは最近、元気がない。原点に帰ってもらいたい。

布施孝之・キリンビール代表取締役社長:キリンビールが元気になることが、グループ全体のブランド価値向上の源泉。2015年、ビール類(ビール・発泡酒・新ジャンル)の販売数量が9年ぶりに前年を上回り、シェアも6年ぶりに高まったことで、社員の士気が上向きになった。

磯崎社長:社内で現場を回り、対話集会を開いており、社員が元気になっていることをひしひしと感じる。目に見えた成果が出るまでにはもう少し時間がかかるかもしれないが、是非待っていて欲しい。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT