キリンが南米でハマった、3つの"落とし穴"

減損計上で1949年の上場来初の最終赤字に

1949年の上場以来、初の最終赤字となるキリン。ブラジル事業の誤算が元凶だ(撮影:今井康一)

「こんなにいい案件はめったにない」。5年前の買収発表会見でそう語っていた、キリンホールディングスの三宅占二前社長。代表権のない会長に退いた今、自身が買収を決断したブラジル事業の大失速を、どんな心境で見ているだろうか。

キリンは2015年12月21日、不振が続くブラジル子会社の企業価値を見直し、のれんの減損損失を計上すると発表した。約1140億円の特損が発生することから、580億円の黒字としていた同年12月期の純損益予想を560億円の赤字に修正。1949年の上場以来、初の最終赤字となる見通しだ。

今回の発表について、野村証券の藤原悟史アナリストは「思い切って減損したことは評価できるが、これはあくまで会計上の問題。大切なのはブラジル事業を今後どうしていくかだ」と指摘する。

減損の裏に3つの誤算

画像を拡大
業績の下方修正を発表するキリン幹部

そもそもブラジル事業は、なぜ巨額の減損計上に至ったのか。それには5年前の3つの誤算が尾を引いている。

2011年8月、キリンはブラジルのビール大手、スキンカリオールの株式50.45%を約2000億円で取得した。

が、残り49.55%を保有する株主に訴訟を起こされ、最終的に全株を取得することになった。買収金額は合計約3000億円に膨れ上がった。

次ページ誤算はそれだけにとどまらなかった
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT