サントリー新体制で試される「プリンス」の力

鳥井信宏氏には、やり残した"宿題"がある

3月下旬付でサントリーHDの副社長に就任する鳥井信宏氏(撮影:大塚一仁)

「佐治をヘッドに、新浪と鳥井の新たな二人三脚体制に移行する」。サントリーホールディングス(HD)の社内では、そんな認識が固まりつつある。

2015年12月10日、同社は役員人事の大幅な刷新を発表した。目玉は、飲料子会社・サントリー食品インターナショナル(SBF)の社長を5年にわたって務めてきた鳥井信宏氏(49)が、2016年3月下旬付でHDの副社長に就くというものだ。

3人の副社長のうち、唯一代表権を持つことになる信宏氏。創業者・鳥井信治郎氏のひ孫で、HD会長・佐治信忠氏の従甥(いとこの息子)に当たる。以前からHDの次期社長候補と目されてきたが、今回の人事によって名実共に「ポスト新浪」の筆頭候補に躍り出た。

"新たな二人三脚"に移行

佐治会長は、2014年にローソン前社長の新浪剛史氏がHD社長に就任した際、自身と新浪社長との二人三脚による経営を強調していた。これが2016年春からは、新浪社長と信宏副社長による“新たな二人三脚”に移行するわけだ。

1年半前に買収した、米蒸留酒大手・ビーム社との統合を中心に、HD全体の経営を新浪社長が担う。信宏氏は飲料やビールなど国内事業を統括し、中長期戦略などの面で社長を支える。

その脇を固める形で、内藤俊一氏が人事部門を、相場康則氏がR&D(研究開発)や生産部門を、副社長として管掌する。

次ページ副社長就任に疑問の声も…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT