日本郵政の「大型M&A」、失敗は必然だった

「手段が目的化」するリスクは結婚と同じだ

M&Aによる成長は両刃の剣の要素もはらむ(撮影:今井 康一)

日本郵政が昨年度(2017年3月期)決算で400億円の純損失を計上する見通しになった。4月25日、オーストラリア子会社であるトール・ホールディングスへの投資に関し4000億円という巨額の減損を計上。10年前の会社設立以来初の赤字計上となる。

いま何かと存続の危機について報道が続いている東芝も、米国の原子力事業子会社ウエスチングハウスが買収した子会社の「のれん」減損で東芝本体の財務状況が悪化し、虎の子の医療機器会社を売却し、半導体事業の分社化をも余儀なくされている。皮肉なことに、この医療機器会社を買収したキヤノンは先日の決算発表で、買収効果により営業利益が倍増したと発表している。

このほかにも日本企業が買収した海外子会社に関する“のれん”の減損は、キリンホールディングスが買収したブラジルのビール会社スキンカリオールが1100億円であったり、楽天が買収した動画配信関連の海外子会社で243億円の減損を計上したり、ポーラ・オルビスHDが豪州子会社ジュリークを95億円の減損をしたりと、海外企業へのM&Aが増えるにつれ失敗事例も多く目にするようになった。

また、「小が大を飲み込んだ」という触れ込みで、2006年に日本板硝子が買収した英国ピルキントンは、思った以上の収益を上げることができず、「のれん」の償却で財務体質が悪化してしまい、今年3月末に再生ファンドが400億円もの増資を引き受けることとなってしまった。

日本郵政のトール社買収

なぜ、日本企業の海外企業買収がうまくいかず、「のれん」の減損が生まれてしまうのか。日本郵政によるトール社の買収から考えてみたい。

まず、減損された「のれん」が会計上の概念であることから、一般の方には少しわかりにくい部分があるかと思うので、理解を深めていただくために簡略化してお伝えしたい。

次ページずさんな企業買収
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラの視点
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT