「カシオペア」は親子旅向け利用で再出発を!

北海道新幹線の開業で運行終了したが…

3月17日15時25分、上野駅13番ホームに入線する寝台特急「カシオペア」。この日の見送りは約500人。ラストラン直前ながら比較的和やかな空気が流れていた(撮影:村上悠太)

3月21日に上野~札幌間の運行を終えた「カシオペア」は、全2階建て、オールA寝台個室の豪華列車だ。1988年、青函トンネルの開通とともに登場したブルートレイン「北斗星」の人気を受け、さらに豪華で居住性の高い「スーパー北斗星」として企画された。

本格的な車両開発が始まったのは1993年。専用のE26系客車が1編成12両製造され、1999年7月から運行を開始した。当時すでに寝台列車の衰退は始まっており、24系25形寝台車の製造終了以来19年ぶりとなる新型寝台客車の登場は、大きなニュースとなった。

ラストランの1本前に乗車!

画像を拡大
機能的ながら広いとは言いがたいカシオペアツイン1階室。慣れるとこの狭さが逆に心地良くも感じる(撮影:村上悠太)

以来16年8カ月――。「カシオペア」は、臨時列車扱いながら定期的に運行される列車としては、最高のグレードを誇る列車として走り続けたが、北海道新幹線の開業に伴い、従来の運行を終了することになった。

その、運行終了間近の「カシオペア」に乗車する機会に恵まれた。3月17日上野発。下りラストラン1本前の列車だ。諦めずにチャレンジして取れたチケットは、スタンダードなカシオペアツイン1階室。オール2階建て客車の「カシオペア」は、見晴らしの良い2階室か、車端部にあり広さに余裕のある平屋室の人気が高い。カシオペアツイン1階室は、A寝台個室とは言え、最も地味な存在だ。その部屋で過ごす19時間は、どんな旅だろうか。

次ページ「北斗星」とは別次元の乗り心地
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT