新幹線に「北海道らしさ」がないのはナゼ?

東北新幹線の延伸と見紛う愛称、デザイン…

3月26日の開業日に人気を集めていたH5系とE5系のツーショット。右がH5系だが、外観もほとんど同じだ

2016年3月26日土曜日に、北海道新幹線新青森~新函館北斗間が開業した。

開業日の各駅や東京~新函館北斗間直通の「はやぶさ」の模様、あるいはその経済的な効果への期待、不安などは、すでに各マスコミや、この東洋経済オンラインで伝えられているところである。それゆえこの記事では、「営業初日」である3月26日に現地に立ち、感じたことをまとめてみた。

今回の開業区間は148.8km。新たに奥津軽いまべつ、木古内、新函館北斗の3駅が新幹線の駅としての営業を開始した。途中、青函トンネルを挟む区間は在来線との共用で、新幹線と貨物列車のすれ違いも行われるという、わが国初のケースとなっている。

従来、走っていた在来線(津軽海峡線)の旅客列車はすべて廃止されたため、本州と北海道を鉄道で行き来するためには、必ず北海道新幹線を利用しなければならなくなった。ただ、JR東日本が運行するクルージングトレインなどは、今後、青函トンネルの通過を予定している。

「独自の愛称」は採用されなかった

画像を拡大
H5系の車体側面のシンボルマーク。E5系とは別のものが採用されたが、これも一見すると、よく似ている

在来線共用区間で速度が抑えられるとはいえ、新青森~新函館北斗間は所要時間1時間強であり、北海道新幹線と独立した名称がついてはいるが、運転系統としては東北新幹線の延長。列車愛称も独自のものは採用されず、新青森、盛岡などを始発終着とする列車と同じく「はやぶさ」「はやて」となった。

北海道新幹線向けにJR北海道が新製したH5系車両も、性能的にはJR東日本のE5系とまったく同じで、デザインもそっくりと言ってよいほどである。H5系とE5系の最大の違いは、側面の細い帯の色とシンボルマークぐらいだ。

最高運転速度320km/hといった走行性能は、共通に運用する以上、同一にする必要はあるだろう。ただ、外部塗色をここまで似せる必要はあったのか。相互に直通している東海道新幹線(JR東海)と山陽新幹線(JR西日本)の車両も、N700系に至って、ふつうの利用客にはまったく区別がつかなくなった。

次ページJR北海道はJR東日本に遠慮?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT