ゆうちょ銀行の含み損はだいぶ減ってきた

優待開始したオエノンHDの株主総会に初出席

減損損失の計上で初の連結最終赤字になると発表した三菱商事。ただ配当は変更なしとした

【3月14日(月)】先週末のNYダウは、218ドル高の1万7213ドルと大幅反発。NY原油は0.66ドル高の38.5ドル。日経平均は294円高の1万7233円と3日続伸で、1カ月半ぶりの高値。

【3月15日(火)】NYダウは15ドル高の1万7229ドルと続伸し、2カ月半ぶりの高値。米年内追加利上げ観測を受けてドル買い再燃。日銀は、マイナス金利、量的質的緩和政策の据え置きを発表。景気判断に「基調としては」を追加し下方修正。景気判断の引き下げは、2014年4月以来、1年11カ月ぶり。

魅力的にみえる株主の配当利回り

この連載の一覧はコチラ

ゆうちょ銀行(7182)が32円高の1417円と1月29日以来の1400円台回復。私のゆうちょ銀行保有株の含み損は一時669万5000円となったが、約1カ月で損が400万円減った。日本郵政(6178)は1536円(公募価格1400円)、かんぽ生命(7181)は2686円(同2200円)と両銘柄は公募価格を上回っており、ゆうちょ銀行(同1450円)もあと一歩。

ゆうちょ銀行の株価は、マイナス金利発表時の水準まで戻ってきており、この急落はやはり過剰反応だったのではないだろうか。マイナス金利導入で、普通預金金利低下などで運用難となり、株式の配当利回りが魅力的に見えてくる。郵政3社の中では、ゆうちょ銀行が配当利回り3.5%と一番高い。日経平均は、116円安の1万7117円と4日ぶり反落。

【3月16日(水)】米大統領選挙、トランプ氏に完敗でルビオ氏撤退。NYダウは22ドル高の1万7251ドル。日経平均は142円安の1万6974円と続落。どうも1万7000円辺りの上値が重い。

次ページテロが起きた日の株価は…
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT