東芝が手放す「虎の子」が高騰、その真の実力

海外勢は東芝メディカルをどう見るのか

債務超過が目前に迫る東芝。子会社売却の道筋は立った(撮影:尾形文繁)

高値売却のメドが立ち、経営幹部もほっとしていることだろう。東芝は3月9日、100%子会社の東芝メディカルシステムズ(東芝メディカル)の売却に関して、独占交渉権をキヤノンに与えることを発表した。

東芝は赤字事業のリストラ費用がかさみ、今期末にも株主資本比率が2.6%まで悪化する見通し。債務超過が目前に迫る中、毀損した株主資本を増強するため、2015年12月、泣く泣く売却を決めていた。

東芝メディカルの2015年3月期業績は、売上高2799億円、営業利益は177億円、利益率は6%台と高く、ここ数年100億円以上の利益を安定的に稼ぐ優良子会社だ。

売却額は高騰、7000億円程度に

高値での売却を最優先としつつ、さらなる業績の下振れや追加のリストラ費用を考慮し、今年度中の売却を目指していた。そのため、独占禁止法に抵触するおそれがないなど、手続きが早く終わる企業を優先した。

独占交渉権は3月18日を期限としており、それまでに締結を目指す。売却額については明らかにしていないが、当初5000億円程度とみられていた額は、7000億円まで高騰しているようだ。

売却により、東芝の株主資本比率は、今期末に2.6%の見通しから10%前後に上昇する。経営危機の水準を脱したとはいえ、一般に安定的と言われる30%以上にはほど遠い。赤字が続けば悪化も考えられる。さらなる事業売却も視野に入れなければならないだろう。

次ページキヤノンにとっては待望の出物だった
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • コロナショック、企業の針路
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT