東芝が手放す「虎の子」が高騰、その真の実力 海外勢は東芝メディカルをどう見るのか

拡大
縮小
債務超過が目前に迫る東芝。子会社売却の道筋は立った(撮影:尾形文繁)

高値売却のメドが立ち、経営幹部もほっとしていることだろう。東芝は3月9日、100%子会社の東芝メディカルシステムズ(東芝メディカル)の売却に関して、独占交渉権をキヤノンに与えることを発表した。

東芝は赤字事業のリストラ費用がかさみ、今期末にも株主資本比率が2.6%まで悪化する見通し。債務超過が目前に迫る中、毀損した株主資本を増強するため、2015年12月、泣く泣く売却を決めていた。

東芝メディカルの2015年3月期業績は、売上高2799億円、営業利益は177億円、利益率は6%台と高く、ここ数年100億円以上の利益を安定的に稼ぐ優良子会社だ。

売却額は高騰、7000億円程度に

高値での売却を最優先としつつ、さらなる業績の下振れや追加のリストラ費用を考慮し、今年度中の売却を目指していた。そのため、独占禁止法に抵触するおそれがないなど、手続きが早く終わる企業を優先した。

独占交渉権は3月18日を期限としており、それまでに締結を目指す。売却額については明らかにしていないが、当初5000億円程度とみられていた額は、7000億円まで高騰しているようだ。

売却により、東芝の株主資本比率は、今期末に2.6%の見通しから10%前後に上昇する。経営危機の水準を脱したとはいえ、一般に安定的と言われる30%以上にはほど遠い。赤字が続けば悪化も考えられる。さらなる事業売却も視野に入れなければならないだろう。

次ページキヤノンにとっては待望の出物だった
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT