就活の第一関門「SPI3」は時間との戦いだ

就活生のための一般常識講座<1>

SPI3対策を後回しにしていた就活生もまだ十分間に合う(写真:kou/PIXTA)

今回のテーマは一般常識です。実は、私は学生時代から変わり者とみられることが多く、とても一般常識からは程遠い存在でした。それでも、なんとか社会人としてやってこられたのは、常に問題の全体像を大きくとらえ、柔軟に対応できたことかもしれません。

大きな地図を思い浮かべてみてください。行き先はその地図のどこかを見定めて、そこへ行くにはどのようなルートを通れば速く到着できるか、楽に行けるか、安く行けるか等を考えてみましょう。一般常識の問題を解くときも、要領は同じです。

最近はスマホやカーナビなど便利な機器が増えて、全体像がつかめなくても答がわかってしまいます。でも、全体像がつかめていないと応用がききません。「木を見て森を見ず」(英語ではYou cannot see the forest for the trees.)ということわざもあります。

普段から全体像をつかむクセをつけておけば、社会人になってからも役立ちます。ただし、細かい部分にも注意をしておかないと、うっかりミスが多くなるので気をつけてください。

取れる問題を確実にとる

就職四季報プラスワンの過去記事はこちら

就活で一般常識と言えば、まず頭に思い浮かぶのはSPI3(総合適性検査)でしょう。数多くの企業が採用し、就活の第一関門ともいえる試験です。SPI3対策を後回しにしていた就活生もまだ十分に間に合いますので、是非今日から始めてみてください。

SPI3はリクルートキャリアが提供する適性検査で、Synthetic(総合的な)、Personality(個性・性格)、Inventory(評価)の略です。ちなみにSyntheticはsynthesize(総合・合成する)の派生語で、楽器のシンセサイザーからも類推できます。また、Inventoryは「在庫」という意味もありますので、併せて覚えておきましょう。

SPI3の問題は総じてさほど難易度は高くありません。とはいっても、制限時間が比較的短いため、TOEICと同じく時間との戦いになります。試験問題に慣れ、なるべく早く回答できるような訓練を積んでおくことが必須です。

次ページ対策本は早めに見つけよう
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT