新電力大手「経営破綻」のインパクトは大きい

日本ロジテックが資金繰りに窮して店じまい

電力自由化が進むが、契約は慎重に(写真:L-HOPE/PIXTA)

電力販売ビジネスで業容を急拡大してきた企業が近く、破産申し立てする見通しだ。問題の企業は「日本ロジテック協同組合」(東京・中央区、軍司昭一郎代表理事)。同社の幹部が東洋経済の取材に対し、破産申し立ての準備をしている事実を認めた。

同社は「新電力」と呼ばれる特定規模電気事業者(PPS)の中で第6位(販売電力量ベース、2014年度)。「組合員」になってもらった企業や地方自治体などを顧客にして「電力共同購買」の仕組みにより、設立からわずか7年余りで売上高を555億円(2015年3月期)にまで伸ばしてきたが、資金繰りが行き詰まった。同社幹部によれば、2月末時点の未払い金は約80億円にのぼる(金融機関に対する債務を除く)というが、債務総額はさらに膨らむ可能性が高い。

組合員に手数料を払って顧客拡大

日本ロジテックが入居するビル(東京・中央区)

下記は同社の井上博文財務部長との一問一答である(3月18日付け)。

――現状はどうなっているのか。

状況が混とんとしている。忙しすぎて。

――破産申立の準備をしているのか。

その理解で正しい。

――なぜこのようなことになったのか。

一気にインバランスが拡大して、それを埋めきれなかった。

(注)インバランスとは、調達電力量と供給電力量の差。調達電力量が不足した場合に、送配電を担う大手電力会社が穴埋めすることになり、インバランス料金(ペナルティ)が課される。

――つまり、電力の調達がうまくいかなかったのか。

そういうことだ。需要家を取捨選択できればよかったのだが、組合なのでお客さんを切ることができない。需要家イコール組合員イコール株主なので、あなたの契約は儲からないからやめますというわけにいかない。

次ページそもそも成り立たない?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT