日本男児「総伊達男化」という遠大なる野望

これが「東京ファイトクラブ」だ!

最近は炭水化物や糖質は解禁しているというが、1年程前から始めたトレーニングは現在も継続し、体脂肪10%以下の体形を維持している。

長年の友人でかつ同い年の2人。トレーニング中の表情は真剣そのものだが、途中休憩を挟みながら他愛もない話で盛り上がり、少しきつくなってくると、「ちょっといつもよりウエイト重くしてない!?」 などと冗談を飛ばし、終始和やかな雰囲気。

単に短期集中で絞ったら、目標達成! ではなく、トレーナーとお客さんの個人的な繋がりを大事にし、長期的に価値観を共有出来るスタイルがこのジムの特徴だ。

『ジムではなく、トレーナーで選ぶ時代へ』をコンセプトに、共感する多くの経営者や業界人が足しげく通う。

23歳の時の出会いから、2人が経営者として共に成長していく姿を間近で見られるのは、お互いに刺激的でモチベーションにもなっていると話してくれた。

◆翌日、11:00AM

毎朝7時に起床し、9時頃ジムで1時間程トレーニングをしてから、昼前に原宿にあるオフィスへ向かうのが日課だ。基本的に朝食は食べない。

現在、原田氏は「Skin’S language」の代表取締役兼代表スタイリストとして、オーダーメイドファッション事業を手掛けている。扱うのはオーダースーツ、ジャケット、シャツ、ネクタイ、靴と幅広く、カウンセリングでお客様の要望を基に、「カッコいい男」のトータルコーディネートを提案・提供している。

ドライバーを経て、一度は挫折したファッション業界に

19歳の時にスタイリストを夢見て青森から上京。専門学校のスタイリスト科に入学した。

どちらも、イタリア・フィレンツェで毎年1月と6月に開催される世界最大の展示会「PITTI UOMO(ピッティ・ウォモ)」にて

「スタイリストの仕事は、ひと一握りの人しかなれない狭き門なんですよ。実家暮らしかヒモしかなれないと言われるくらいです。当時は貯金を切り崩す生活で、気付いた時には300万くらい借金を作っていました」

専門学校を卒業後、メンズノンノのスタイリストを目指したものの、理想と現実のギャップに直面し、半ば挫折。ファッション業界を離れ、次にした仕事はタクシードライバーだった。

当時、ある若手実業家と知り合ったことをきっかけに、彼が経営する事業の一つであったタクシー事業に関わることになったのだ。

「たしかにタクシーはそれなりに稼げましたが、3か月くらいでやっぱり違うなと思いました(笑)。当時は借金を抱えていましたし、とにかくその状況を抜け出すことに必死で、26歳の時にネットで物販ビジネスを始めました。

次ページその場に適した格好をするべき
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT