銀証融合と独立系証券の勝者は--帰趨を占う大和証券G本社と三井住友FGの合弁解消

銀証融合と独立系証券の勝者は--帰趨を占う大和証券G本社と三井住友FGの合弁解消

「この10年のシナジーを、次の10年のエナジーに」--。

今年4月。大和証券SMBCは創業10周年を迎えたのを記念して、大手新聞に1面広告を出した。総合証券2位の大和証券グループ本社と、3メガバンクの一角である三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)。

両社が共同出資(大和60%、SMFG40%)する法人向け(ホールセール)証券会社の大和SMBCは、近年進む銀行と証券の融合の先駆的存在と言われてきた。同広告に綴られたキャッチコピーは、大和とSMFGの関係が蜜月なままで続くと感じられる内容だった。

だが、事態は急転した。

大和証券グループ本社は9月10日、大和SMBCについて、SMFGとの合弁関係を解消すると発表した。大和がSMFGの保有する大和SMBC株40%を12月末に2000億円程度で取得。1999年から続いてきた資本・業務提携に終止符を打つ。

SMFGは大和と競合する日興コーディアル証券の買収に動いたのを機に、大和SMBC株の過半取得を大和に持ちかけた。しかし、大和側がこれを拒否したため、両社の提携関係の解消につながった。

メインバンクと親密証券会社という両社の友好関係は維持する。SMFGグループから大和SMBCに転籍している従業員約230人のうち、残留を希望しない従業員は、原則として10月にSMFGグループへ復籍する。

 

人気記事
トピックボードAD
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。