銀証融合と独立系証券の勝者は--帰趨を占う大和証券G本社と三井住友FGの合弁解消

銀証融合と独立系証券の勝者は--帰趨を占う大和証券G本社と三井住友FGの合弁解消

「この10年のシナジーを、次の10年のエナジーに」--。

今年4月。大和証券SMBCは創業10周年を迎えたのを記念して、大手新聞に1面広告を出した。総合証券2位の大和証券グループ本社と、3メガバンクの一角である三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)。

両社が共同出資(大和60%、SMFG40%)する法人向け(ホールセール)証券会社の大和SMBCは、近年進む銀行と証券の融合の先駆的存在と言われてきた。同広告に綴られたキャッチコピーは、大和とSMFGの関係が蜜月なままで続くと感じられる内容だった。

だが、事態は急転した。

大和証券グループ本社は9月10日、大和SMBCについて、SMFGとの合弁関係を解消すると発表した。大和がSMFGの保有する大和SMBC株40%を12月末に2000億円程度で取得。1999年から続いてきた資本・業務提携に終止符を打つ。

SMFGは大和と競合する日興コーディアル証券の買収に動いたのを機に、大和SMBC株の過半取得を大和に持ちかけた。しかし、大和側がこれを拒否したため、両社の提携関係の解消につながった。

メインバンクと親密証券会社という両社の友好関係は維持する。SMFGグループから大和SMBCに転籍している従業員約230人のうち、残留を希望しない従業員は、原則として10月にSMFGグループへ復籍する。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT