ネット証券で相次ぐ手数料値上げ、“ハイパーデイトレーダー”はどこへ行く?



安価な手数料求め大移動 流入証券会社は採算悪化

現在、国内ネット証券で、最も多くハイパーデイトレーダーを抱えるのが岡三オンラインとみられ、その数は今年3月以降、急増した。きっかけは、最大手SBI証券の値上げだ。SBIは3月、信用取引定額プランの小口取引の料金を下げる一方、大口顧客向けには手数料を大幅に値上げした。反発した顧客は流出。「最安手数料の岡三オンラインには、SBIから約6000人もの顧客が流入したようだ」(関係者)。岡三オンラインの取引金額は以後、急増し、6月の1日当たり売買代金は、年初の3倍以上に膨れ上がった。

しかし、岡三オンラインには予想外の問題が生じた。システム負荷が急激に高まり、処理遅延トラブルが多発。また、超大口取引については安価な手数料しか取れないため、システム運営費や取引所に払う手数料「場口銭」などを含めれば、元が取れずに赤字となるケースも出始めた。2006年1月の創業来、赤字経営が続く岡三オンラインには、耐えられなくなってきたというわけだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT