ネット証券で相次ぐ手数料値上げ、“ハイパーデイトレーダー”はどこへ行く?



 実は、SBIにとってもハイパーデイトレーダーの存在はやっかいだった。「信用取引の大口顧客向けは、システム負荷がかかる割に儲からない料金体系だった。値上げでシェアは下がったが、今年4~6月期の採算は改善した」と関係者は言う。

岡三オンラインは、顧客の意見を反映したうえで、業界最低水準の手数料は維持したい方針。ただ、金額帯によっては手数料を数倍に引き上げなければならない可能性もあるだけに、ハイパーデイトレーダーには大きな負担となり、売買頻度を落とさなければならないかもしれない。

岡三オンライン以外では、クリック証券の手数料が安い。ただし、クリックに流れたとしても、同様の問題が起きる可能性は否定できない。

ハイパーデイトレーダーは、どこへ向かうのか。彼らが従来の投資スタイルを、維持できなくなる可能性も出ている。

(武政秀明 =オール投資)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT