ブリヂストンが放つ“ランフラット"の可能性、パンクOKの新タイヤが勢力図を塗り替える!?

タイヤ業界で地殻が動いたのは、実は1世代も前になる。長く主流だったバイアス式が、新方式のラジアル式へ取って代わられたのがそれ。「グローバル30」と呼ばれた大手30社が「グローバル10」へ集約。

そこからブリヂストン、仏ミシュラン、米グッドイヤーの3強時代を経て、グッドイヤーがズルズルと後退。ここ数年はブリヂストンがシェア17%超で首位に躍り出たが、2位ミシュランとの差はほんの僅差にすぎない。

それが、この第3世代ランフラによって、ブリヂストンがミシュランを突き放し、一強体制に近づくチャンスが一気に開けてきた。

タイヤビジネスにはそもそも、新車組み付けタイヤと取り替え用タイヤの二つがある。そのうちメーカーが売上高の75%を稼ぎ出すのが取り替え用タイヤ。利益ではほぼ100%を担う屋台骨だ。

だが取り替えタイヤの価格は恒常的に年2~3%ずつ下がっていく。そこでメーカーは数年ごとに新製品を出し、価格修正してきた。これまでは、スポーティで見た目がよく、高価格を設定できるハイパフォーマンスタイヤ(HP)が新製品の目玉だった。だが、もはやその目新しさは薄れ、この不況もあって、嗜好性の強いHPはさっぱり売れなくなっている。

そんな停滞ぎみの市場に、再び活気をもたらす起爆剤に化けそうなのが、斬新な特長を持つランフラなのだ。「新たな付加価値の登場で全体の価格が根本から押し上げられ、メーカーの収益性も維持されていく」と松本氏は読む。

懸案の乗り心地を改善 台風の目は米国市場

初代のランフラは、そもそも身体障害者向けに開発された。鳴かず飛ばずの時代が長く続いたが、最大の敗因は、乗り心地の悪さだった。補強ゴムのせいでどうしても硬く感じ、縦バネ指数に見る初代の乗り心地はノーマルタイヤに比べ20%も劣った。重量も重く、転がり抵抗も高い。ところが2005年、独BMWが3シリーズへの標準装着を決定してから、風向きは大きく変わった。 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
鉄鋼不況の常態化は必至<br>迫られる国内リストラ

日本製鉄をはじめ、JFE、神戸製鋼所の鉄鋼3社は、強烈な不況に苦しんでいます。主力の鉄鋼事業の利益が急減し、逆風は一時的とは思えません。買収を含めた海外での拡大、国内拠点のリストラなど、生き残り策の深層をリポートします。