ブリヂストンが放つ“ランフラット"の可能性、パンクOKの新タイヤが勢力図を塗り替える!?

また、人気のハイブリッドカーは今後、小型化が進む。電気自動車や小型燃料電池車の登場も近い。車重を軽くし、かつモーターや電池、水素タンクを載せるなら、スペアレス化=ランフラ標準装着は大きな選択肢になる。エコカーへの時代のうねりは、ランフラを一躍時代の中心に押し出すかもしれない。

ブリヂストンは今秋から第3世代ランフラを新車に装着していく。さらに、新たな稼ぎ頭となる取り替え用ランフラも「来年には発売していきたい」と富岡室長。新車用、取り替え用合わせたブリヂストンのランフラ出荷量は08年で325万本とまだ全体の2%弱だが、今後10年で7倍に増やす意気込みだ。

たとえばBMW車のランフラはサマータイヤが装着されているが、オールシーズンタイヤが好まれる(トレッドのパターンも乗り心地も異なる)米国では「取り替え用オールシーズン型ランフラの潜在需要は極めて大きい」と富岡氏は見積もる。

ここで重要なのが、最大のライバル、ミシュランの動静だ。ミシュランは補強ゴムとは別方式で「PAXシステム」というランフラを作ったものの、現在は開発をほぼ中止している。PAX専用のホイールが必要なため、ホイールを選ばないブリヂストン方式に勝てなかったというのが大方の見方だ。ここに、ランフラをテコに、ブリヂストンが宿敵を大きく引き離す余地が生まれる。

課題は価格だ。本格量産前のランフラは、ノーマルタイヤよりまだ2~3割高い。200年ぶりの技術革命が、100年に一度の経済危機に打ち勝てるかどうか要注目だ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
イオン23年ぶりトップ交代<br>新社長に2つの重い課題

GMS(総合スーパー)最大手のイオンが23年ぶりの社長交代を決めました。ただ、目下のグループ経営は、低採算にあえぐGMS事業、緒に就いたばかりのネットスーパー事業と課題が山積。荒波が押し寄せる船出で、針路が注目されます。

  • 新刊
  • ランキング