ブリヂストンが放つ“ランフラット"の可能性、パンクOKの新タイヤが勢力図を塗り替える!?

米国にはタイヤを使い捨て感覚でとらえている消費者が多い。新車にランフラが装着されていても、交換時には安いノーマルタイヤに履き替えてしまうドライバーが後を絶たない。米国でのランフラへの回帰率はわずか40~50%。欧州の90%超、ドイツの98%とは雲泥の差である。

しかし新法の施行でTPMSが急速に普及し、これまでの消耗品としてのタイヤへの無関心から、タイヤの空気圧にも目が向けられるようになれば、ランフラへ履き替えるドライバーが多少なりとも出てくるはずだ。彼らが次に新車を買うときには、ランフラ装着車を指定する可能性も高まる。

空気圧管理が世界の潮流 高価格を跳ね返せるか

実際TPMSは今や世界の潮流になりつつある。欧州委員会では12年からの装着を義務づける予定。日本でも、経済産業省と国土交通省が設置した低燃費タイヤ等普及促進協議会が、09年末までにTPMSに関する答申を行う見通しだ。ランフラにとって、本格的な好循環への軌道突入になりうる。

さらにもう一つ、環境意識の高まりもランフラには追い風である。

現在、年間に廃棄されるスペアタイヤは約5900万本にのぼる。また、スペアを積むと、タイヤの6キログラムにスペアホイール7・5キログラム、交換時のジャッキ3キログラムが加わり、車重分だけ燃費は悪化する。日本では国交省の保安基準にスペアタイヤ搭載を定める記述はなく、スペア未搭載でも車検は通る。しかしランフラに換えてスペアタイヤをなくせば、ノーマルより5%程度重いランフラの重量を差し引いても、10キログラムは軽量化でき、燃費向上につながる。 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
台湾と中国のデジタルは違う<br>唐鳳・台湾デジタル大臣に聞く

台湾を代表する天才プログラマーの名声を得て15歳で起業した唐鳳氏。「デジタル民主主義」「開かれた政府」を体現した38歳の若き大臣が、これまでの実績、日本や中国との比較、IT教育やITの未来などについて胸の内を語りました。

  • 新刊
  • ランキング