「チームでアプリを作る」と起こる良いこと

サンフランシスコ在住の日本人が開発

Phami.lyは、完成まで5年の歳月がかかっている。その理由は、彼らが「チームによるサイドプロジェクト」という形を守ったからだ。

「実際にプロジェクトを走らせてみて、改めて感じたことは、フルタイムでの仕事は非常に時間に恵まれているのだ、という点でした。基本的には、終業してからの夜の時間と週末しか、プロジェクトにかける時間はありません。チームで集まるとしても、それぞれのスケジュールもあります。時間的制約は、最も厳しかった点でした」(川島氏)

フルタイムでの仕事が月間20日だとすると、残りは10日。その中でプロジェクトに費やせるのはせいぜい4〜5日程度しかない。また連続して使える日数もないため、効率も非常に悪かった。

その一方で、無限に時間が使えるメリットもあったという。業務では締め切りが決まっており、それまでに仕上げることが求められる。しかしサイドプロジェクトでは、その制限がない。そこで、丹羽氏は、不用な自動化やライブラリを自作するなど「趣味に走った」という。

「私の場合、普段の仕事では、サーバサイドの設定などは絶対にやりません。データベース担当のエンジニアもいるため、通常アプリのエンジニアには触れられない領域でした。大きな企業では責任の分岐点がはっきりしているため、たとえ改善点がわかっていても、指示以外のことはできません。また、できあいのライブラリを使うなど、パフォーマンスが上がるやり方しか採れません。こうした普段触れない部分まできっちりと経験したかった、これが趣味たるゆえんです」(丹羽氏)

自分の職へのフィードバックも

デザインとディレクションを担当した川島氏も、米国で働く上で、プロフェッショナルが求められると、逆に自分の専門のことしかやらなくなる点が、自分の経験の枠や成長を抑えていると感じていたという。

「プロジェクト管理や、エンジニアとの議論は、普段の仕事ではやらないことでした。自分の仕事の幅を拡げる目的も達成でき、また自分たちが欲しいものを作る経験もできた」(川島氏)

川島氏は、現在のプロジェクトになるまでの間に、資金調達のためのピッチを経験したり、その方針を撤回したりと、紆余曲折があったことも紹介した。また、5年間の間に、テクノロジーや時代背景の変化も感じたという。

「たとえば、iPadは2012年に、より高精細なRetinaディスプレイが搭載されました。これに伴い、アプリやシステムの設計を見直さなければならなくなり、時間を取られました。また、今のサンフランシスコの雰囲気であれば、アイディアを持って1000万円程度の資金調達をして、人を雇って一気に作り上げることを選択していたかもしれません」(川島氏)

それでも、サイドプロジェクトを貫いた理由は、本業であるテクノロジートップ企業での「チャレンジ」が続いているからだ。アプリは育てるフェイズに入る。彼らは自分たちで作ったチームから、今後も多くを得ることになるだろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT