「チームでアプリを作る」と起こる良いこと

サンフランシスコ在住の日本人が開発

ディレクションとデザインを手がけた川島高氏(左)と、コードを担当した丹羽善将氏(右)

2016年2月、サンフランシスコで働く2人の日本人が中心になって作り上げた「Phami.ly」(ファミリー)というアプリがリリースされた。

彼らは、勤めている企業に関係なく、個人のプロジェクトとしてチームを作り、アプリのリリースにたどり着いた。作った理由は、海外で暮らしている日本人が、家族のプライベートな写真を、日本で過ごす親に簡単に送りたい、という思い。そして、サンフランシスコ、シリコンバレーで働く若者ならではの事情があった。

自分の親のために作ったアプリ

アプリ開発の中心となったのは、サンフランシスコのテクノロジー企業で働くでインタラクティブデザイナーとして働く川島高氏と、エンジニアの丹羽善将氏だ。アプリを完成させた丹羽氏は、「生い立ちには長い歳月がかかった」と振り返る。

「このアプリを考えたのは、2011年ごろ。ちょうど当時は、iPadが登場して、Instagramが出てきて、『タブレットと写真』というテーマが見えてきたころでした。写真共有をプライベートに使いたい、と考えたのがきっかけです」(川島氏)

「当時ほとんどの写真共有アプリは、大人数で、あるいは友人と、そしてソーシャルに共有することを目的としていました。しかし家族に対しては、コメントなどのリアクションを集める行為は不用です。普段ビデオ電話をするタブレットをフォトフレームとして楽しめるサービスを目指しました」(丹羽氏)

次ページアプリ作成のきっかけは?
人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
社外取締役のお寒い実態<br>なり手不足と低い出席率

「1人でも社外取締役がいれば」という時代は終わり、「取締役の3分の1以上必要」という時代へ。上場企業全体では6000人以上も不足することに。出席率の低い95人の実名を公開。