北朝鮮、短距離ミサイル2発を日本海へ発射

東海岸に向けて2発、聯合ニュース

 3月10日、韓国軍は、北朝鮮が同日早朝、短距離弾道ミサイル2発を東部・元山(ウォンサン)の海岸沖から日本海(東海)に向けて発射したと発表した。飛距離は約500キロと推定される。写真は北朝鮮の金第1書記。提供写真(2016年 ロイター/Yonhap)

[ソウル 10日 ロイター] - 韓国国防省は、北朝鮮が10日早朝、スカッド型とみられる短距離弾道ミサイル2発を東部・元山(ウォンサン)の海岸沖から日本海(東海)に向けて発射したと発表した。飛距離は約500キロ。

共同通信によると、日本政府は中国・北京の北朝鮮大使館を通じて抗議した。

北朝鮮は先週、元山から多連装ロケットシステムを使ったロケット弾6発を日本海に向けて発射している。

韓国では現在、過去最大規模とされる米韓合同軍事演習が行われており、米軍から約1万7000人、韓国軍から約30万人が参加している。

北朝鮮は6日、この軍事演習を非難し、「先制的な核攻撃」を警告していた。

*内容を追加します。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
  • 若者のための経済学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
キオクシアが株式公開<br>2兆円上場に潜む「死角」

旧東芝メモリHDのキオクシアHDが10月6日東証に上場します。想定時価総額は2兆円を超え、旧親会社の東芝を大きく上回っています。3年以内の株式公開、半導体世界10傑入りと着実な歩みに見えますが、実は順風満帆ではありません。その課題とは。

東洋経済education×ICT