北朝鮮、短距離ミサイル2発を日本海へ発射

東海岸に向けて2発、聯合ニュース

 3月10日、韓国軍は、北朝鮮が同日早朝、短距離弾道ミサイル2発を東部・元山(ウォンサン)の海岸沖から日本海(東海)に向けて発射したと発表した。飛距離は約500キロと推定される。写真は北朝鮮の金第1書記。提供写真(2016年 ロイター/Yonhap)

[ソウル 10日 ロイター] - 韓国国防省は、北朝鮮が10日早朝、スカッド型とみられる短距離弾道ミサイル2発を東部・元山(ウォンサン)の海岸沖から日本海(東海)に向けて発射したと発表した。飛距離は約500キロ。

共同通信によると、日本政府は中国・北京の北朝鮮大使館を通じて抗議した。

北朝鮮は先週、元山から多連装ロケットシステムを使ったロケット弾6発を日本海に向けて発射している。

韓国では現在、過去最大規模とされる米韓合同軍事演習が行われており、米軍から約1万7000人、韓国軍から約30万人が参加している。

北朝鮮は6日、この軍事演習を非難し、「先制的な核攻撃」を警告していた。

*内容を追加します。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。