北朝鮮、短距離ミサイル2発を日本海へ発射

東海岸に向けて2発、聯合ニュース

 3月10日、韓国軍は、北朝鮮が同日早朝、短距離弾道ミサイル2発を東部・元山(ウォンサン)の海岸沖から日本海(東海)に向けて発射したと発表した。飛距離は約500キロと推定される。写真は北朝鮮の金第1書記。提供写真(2016年 ロイター/Yonhap)

[ソウル 10日 ロイター] - 韓国国防省は、北朝鮮が10日早朝、スカッド型とみられる短距離弾道ミサイル2発を東部・元山(ウォンサン)の海岸沖から日本海(東海)に向けて発射したと発表した。飛距離は約500キロ。

共同通信によると、日本政府は中国・北京の北朝鮮大使館を通じて抗議した。

北朝鮮は先週、元山から多連装ロケットシステムを使ったロケット弾6発を日本海に向けて発射している。

韓国では現在、過去最大規模とされる米韓合同軍事演習が行われており、米軍から約1万7000人、韓国軍から約30万人が参加している。

北朝鮮は6日、この軍事演習を非難し、「先制的な核攻撃」を警告していた。

*内容を追加します。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT