「核弾頭の小型化実現した」北朝鮮・金第1書記

核関連施設での作業を視察した際の発言

 3月9日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記(写真)は、弾道ミサイルに搭載する核弾頭の小型化を実現したと表明した。2月撮影。提供写真(2016年 ロイター/Yonhap)

[ソウル 9日 ロイター] - 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記は、弾道ミサイルに搭載する核弾頭の小型化を実現したと表明した。北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)が伝えた。北朝鮮は1月に4度目の核実験を行っている。

第1書記が核関連施設での作業を視察した際の発言として伝えた。KCNAによると、第1書記は「核弾頭は小型化され、弾道ミサイルへの搭載が可能になった」と言明。「真の核抑止力だ」と語ったという。

北朝鮮はこれまでにもKCNAを通じて、核弾頭の小型化成功を主張しているが、第1書記が小型化に直接言及したのは今回が初めて。

 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT