「核弾頭の小型化実現した」北朝鮮・金第1書記

核関連施設での作業を視察した際の発言

 3月9日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記(写真)は、弾道ミサイルに搭載する核弾頭の小型化を実現したと表明した。2月撮影。提供写真(2016年 ロイター/Yonhap)

[ソウル 9日 ロイター] - 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記は、弾道ミサイルに搭載する核弾頭の小型化を実現したと表明した。北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)が伝えた。北朝鮮は1月に4度目の核実験を行っている。

第1書記が核関連施設での作業を視察した際の発言として伝えた。KCNAによると、第1書記は「核弾頭は小型化され、弾道ミサイルへの搭載が可能になった」と言明。「真の核抑止力だ」と語ったという。

北朝鮮はこれまでにもKCNAを通じて、核弾頭の小型化成功を主張しているが、第1書記が小型化に直接言及したのは今回が初めて。

 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT