「核弾頭の小型化実現した」北朝鮮・金第1書記

核関連施設での作業を視察した際の発言

 3月9日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記(写真)は、弾道ミサイルに搭載する核弾頭の小型化を実現したと表明した。2月撮影。提供写真(2016年 ロイター/Yonhap)

[ソウル 9日 ロイター] - 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記は、弾道ミサイルに搭載する核弾頭の小型化を実現したと表明した。北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)が伝えた。北朝鮮は1月に4度目の核実験を行っている。

第1書記が核関連施設での作業を視察した際の発言として伝えた。KCNAによると、第1書記は「核弾頭は小型化され、弾道ミサイルへの搭載が可能になった」と言明。「真の核抑止力だ」と語ったという。

北朝鮮はこれまでにもKCNAを通じて、核弾頭の小型化成功を主張しているが、第1書記が小型化に直接言及したのは今回が初めて。

 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT