「核弾頭の小型化実現した」北朝鮮・金第1書記

核関連施設での作業を視察した際の発言

 3月9日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記(写真)は、弾道ミサイルに搭載する核弾頭の小型化を実現したと表明した。2月撮影。提供写真(2016年 ロイター/Yonhap)

[ソウル 9日 ロイター] - 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記は、弾道ミサイルに搭載する核弾頭の小型化を実現したと表明した。北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)が伝えた。北朝鮮は1月に4度目の核実験を行っている。

第1書記が核関連施設での作業を視察した際の発言として伝えた。KCNAによると、第1書記は「核弾頭は小型化され、弾道ミサイルへの搭載が可能になった」と言明。「真の核抑止力だ」と語ったという。

北朝鮮はこれまでにもKCNAを通じて、核弾頭の小型化成功を主張しているが、第1書記が小型化に直接言及したのは今回が初めて。

 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。