コンビニ弁当の値引きは本当に広がるのか--激戦区に見る値引き販売拡大の“火種”


 Aさんは「半額では定価で買うお客さんに申し訳ない」と、値引率を2割に決めた。商品価格に応じて70円、80円と手作業でシールを張っていく。同店は夕方から夜間の来店客が多い。そこで、販売期限が朝9時の商品は前日午後11時から値引きを始め、終電前後の来店客を狙う。こうした値引き作業を1日5回行う。

しかし当初は、売り上げ拡大を見込んで発注を増やしたため、売り場に値引き商品があふれた。値下げにより売り上げが減り、かえって粗利額を減らしたこともある。それでも廃棄費用は目に見えて減っており、毎日平均2万円程度だった廃棄負担は、8000円程度にまで縮小した。

「値下げは万能ではなく、適切な発注があってこそ有効」とAさんは語る。値引き販売も儲けを出せなければ無駄骨に終わる。今後は効果を見定めながら、値引き販売を続けるかどうか、慎重に検討するという。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 白馬通年リゾートへの道
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング