コンビニ弁当の値引きは本当に広がるのか--激戦区に見る値引き販売拡大の“火種”


 Aさんは「半額では定価で買うお客さんに申し訳ない」と、値引率を2割に決めた。商品価格に応じて70円、80円と手作業でシールを張っていく。同店は夕方から夜間の来店客が多い。そこで、販売期限が朝9時の商品は前日午後11時から値引きを始め、終電前後の来店客を狙う。こうした値引き作業を1日5回行う。

しかし当初は、売り上げ拡大を見込んで発注を増やしたため、売り場に値引き商品があふれた。値下げにより売り上げが減り、かえって粗利額を減らしたこともある。それでも廃棄費用は目に見えて減っており、毎日平均2万円程度だった廃棄負担は、8000円程度にまで縮小した。

「値下げは万能ではなく、適切な発注があってこそ有効」とAさんは語る。値引き販売も儲けを出せなければ無駄骨に終わる。今後は効果を見定めながら、値引き販売を続けるかどうか、慎重に検討するという。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • おとなたちには、わからない
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号が見抜く<br>コロナ禍に強い会社

逆境下でも好業績を維持している企業はどこか。今期に過去最高益を更新、5期連続で増益など好調企業のリストを、ランキング形式でまとめました。会社が業績予想を開示しなかった日産、ホンダなど29社も、四季報記者が独自予想し公開しています。