コンビニ弁当の値引きは本当に広がるのか--激戦区に見る値引き販売拡大の“火種”


 消費者には「コンビニ弁当は高い」という声は根強い。コンビニ弁当の値引き販売を歓迎する消費者は、実に8割を超えた。一方で、廃棄処分について問うと大半が「もったいない」と回答している。

コンビニにとって弁当をはじめとしたデイリー品は、最大の差別化商品であり収益源だ。だからこそ、値引き販売には慎重になる。しかし成熟した市場環境では、一部の店からドミノ的に値引きが広がる可能性もある。

消費者、そして競合店の動向をにらみながら、今後加盟店は難しい判断を迫られることになる。

(週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「若き老害」常見陽平が行く サラリーマン今さら解体新書
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
怒濤のM&Aで年商1兆円<br>ミネベアミツミの成長戦略

「中興の祖」髙橋高見氏の積極的な買収で大きく成長した旧ミネベア。娘婿の貝沼由久会長兼社長も同じく、M&Aによる事業拡大路線を歩む。現ミネベアミツミの成長の軌跡を振り返り、4月に買収したユーシンの再建に向けた課題を考察。

  • 新刊
  • ランキング