悲鳴!「マタハラ」はこうやって行われている

マタハラ被害者座談会<前編>

大渕:そんな権限はない人ですよね?

ミキティ:お互い普通の事務員ですよ。私が妊娠して働き方をセーブしたせいで、その分の仕事を押し付けられてるって言い掛かりをつけられました。実際にはその人は今まで通りの仕事しかしてなかったのに。

大渕:会社はかばってくれなかったんですか?

ミキティ:会社はフォローしてくれましたし、働きたい意思があるならずっと続けてほしいと言われました。退職するにしてもボーナスや出産手当をしっかり貰ってからにしなさいとまで言ってくれたんですが、結局その先輩からのストレスに負けて、早い段階で自分から辞めてしまいました。

まだ試用期間だから、と契約を切られた

自分だけまったく仕事を教えてもらえなくなった

タカミ:私の場合は、妊娠がわかったのが転職直後だったんです。全体でも十数人の小規模な会社で、顧客向けの電話対応の仕事をしていました。妊娠したことを恐る恐る上司に報告したら、その時は笑顔で協力するよと言ってくれてホッとしたんです。でも直後から、同時入社の子たちに対すると態度が明らかに変わって、私だけ全く仕事を教えてもらえなくなりました。「タカミさんは電話も取らなくていいからね」って。結局、まだ試用期間だからとそのままあっけなく切られてしまいました。

大渕:それはひどいですね。

タカミ:納得できなくて理由を聞いてみたんですけど、「もともとそういう契約だから労基に相談しても無駄だよ」と言われました。でも、雑談の中で上司たちは「訴えられたら負けるよね」なんてニヤニヤしながら言ってて、わかっててやってるの!?とも思ったんですけど。

大渕:そんな話をしていたんですか!

ミホ:私は住宅会社の広告宣伝部で働いていました。社内に保育所があって、産後に復帰する女性も多かったので、理解のあるいい職場だと思っていました。妊娠を報告した時もみんなに祝福してもらえて嬉しかったです。でも私の場合、吐きづわりがすごくひどくて、遅刻や欠席が続いてしまって……。この職場では、妊娠中も変わりなく働くのが常識だったみたいで、「なんでそんなに気持ち悪いの? おかしいんじゃないの?」って、私の体調の悪さを全く理解してもらえませんでした。「家にいるよりも会社に来たほうが楽だよ」と言われると、本当に辛いのに休めなくなっちゃって……。

大渕自分の体験を踏まえて言われるのは辛いですね。つわりの症状なんて、個人差があるものなのに。

次ページそもそもマタハラってどういうこと?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT