『全脳思考』を書いた神田昌典氏(経営コンサルタント)に聞く

拡大
縮小


--このままだと日本はどうなりますか。

工業社会でモノづくりが中心だった時代から知識を付加価値として販売する時代に入っているにもかかわらず、大方はまだモノづくりをきちんとやれば儲かる、会社が存続できるというような考え方にある。時代が大きく変化しているにもかかわらず、単純にカイゼンをすればいいだろうという考え方だ。

実際、実務担当者は、情報を収集・整理するのは経験として培ってきたけれども、収集・整理した情報からどのように付加価値をつくって新たな経営行動につなげ、結果を出すか、そのへんの思考モデルに弱い。「知的蟹工船」と呼ばせていただいているが、仕事のやり方がわからないなかで仕事の量だけが増えている。たいへんなストレス下に実務担当者は置かれている。

この局面を乗り越えれば、人間性を謳歌しうる理想的な時代の到来だと思うが、いまは瀬戸際にある。

(聞き手:塚田紀史 撮影:今井康一 =週刊東洋経済)

かんだ・まさのり
上智大学外国語学部卒。大学3年次に外交官試験合格。大学4年次より、外務省経済局に勤務。ニューヨーク大学経済学修士(MA)、ペンシルベニア大学ウォートンスクール経営学修士(MBA)取得。米国家電メーカー日本代表を経て、経営コンサルタントに。ALMACREATIONSの社主を務める。


ダイヤモンド社 2100円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT