『全脳思考』を書いた神田昌典氏(経営コンサルタント)に聞く

『全脳思考』を書いた神田昌典氏(経営コンサルタント)に聞く

経営コンサルタントの著作によくある、営業優先の「思考テクニック」を公開したものではない。従来になく「行動する思考」「結果を出す思考」を前面に出す。それは「憂国論」がベースにあるからだという。その真意を聞いた。

--久方ぶりの著作です。

この2~3年は、会社経営や教育事業で時間を取られた。

--思考創造ツールのマインドマップは、特に教育現場で受け入れられているようです。

イギリスの教育者トニー・ブザンさんから依頼を受けて、ブザン教育協会という一般社団法人を立ち上げた。この秋からマインドマップ検定を始める。企業研修向けというより、伸びているのは小学校でのほうだ。かなり導入され、全国(連合小学)校長会の公認ももらった。

--使える時間が少ない中での本書執筆ですね。

書いた理由を一言で言うと、緊急性だ。今の日本の状況の深刻さを考えると、思考モデルを変革することが緊急度の高い課題であると判断した。

--緊急性があると。

たとえば、これだけ多くの人が毎年自殺し、ひきこもりが何百万人もいる。とても国としてやっているといえた状態ではない。なんでこんな難問を抱えてしまったのか。

子どものひきこもりが2割ペースで増えているともいう。ひきこもりは半分うつ病だから、療法を間違うと投薬で将来使いものにならなくなったりする。青少年のときに体を鍛えないで過ごすとは、きわめて深刻な問題だ。これでは子どもの自殺も増えるのではないか。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。