賢い皮膚 思考する最大の〈臓器〉 傳田光洋著

賢い皮膚 思考する最大の〈臓器〉 傳田光洋著

皮膚は立派な臓器だとし、大胆な仮説を提唱している。皮膚は身体と環境との境界を形成することから、触覚刺激、温度刺激、湿度刺激などの外部情報が入力される。ヒトが体毛を失った唯一の霊長類となったのは、この皮膚感覚を高めて環境との接触において高度な機能を獲得するためだったと著者は考える。そして無毛化によって衣服をまとう必要性が高くなり、高次社会組織構築の一因になったのではないかとも論じている。

皮膚の研究は、皮膚の感受性や全身、心への作用など想像以上に広がっている。皮膚科学の研究者である著者が、不思議な現象に満ちている人間の皮膚のさまざまな役割を、最新の研究成果を交えて解説する。

ちくま新書 756円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 東京「夢見る女子」の生態
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。