賢い皮膚 思考する最大の〈臓器〉 傳田光洋著

賢い皮膚 思考する最大の〈臓器〉 傳田光洋著

皮膚は立派な臓器だとし、大胆な仮説を提唱している。皮膚は身体と環境との境界を形成することから、触覚刺激、温度刺激、湿度刺激などの外部情報が入力される。ヒトが体毛を失った唯一の霊長類となったのは、この皮膚感覚を高めて環境との接触において高度な機能を獲得するためだったと著者は考える。そして無毛化によって衣服をまとう必要性が高くなり、高次社会組織構築の一因になったのではないかとも論じている。

皮膚の研究は、皮膚の感受性や全身、心への作用など想像以上に広がっている。皮膚科学の研究者である著者が、不思議な現象に満ちている人間の皮膚のさまざまな役割を、最新の研究成果を交えて解説する。

ちくま新書 756円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT