大脱走 裏切りの姫 鈴木英治著

大脱走 裏切りの姫 鈴木英治著

武田家滅亡直前の甲府を舞台に繰り広げられる家臣たちの戦国小説だが、中心テーマは単純明快である。主君・武田勝頼を見限った駿河城主、穴山信君(梅雪)の妻で信玄の娘、千鶴(ちづ)と嫡子・勝千代の甲府からの脱出行が成功するかどうか、この一点にすべては収斂する。勝頼に忠誠を誓う前島平蔵が、お家のために脱出を妨げようとして粉骨砕身する、その両者の駆け引き、戦いのドラマである。

とはいえ話の膨らみはさまざまに付け加えられ、人物像にも陰影がほどこされていて、十分に厚みがある。千鶴側からと平蔵の立場からの話が交互に現れ、物語は織物のようにして展開する。非情だが人間味溢れる平蔵、誰の死であろうと心を痛める心やさしい千鶴、どちらにも肩入れしたくなる。単に正邪で片付けない構成の妙だろう。殺し合いの場面はリアルにすぎるほどだが、結末に救いがあることも手伝い、さっぱりした一級エンターテインメントに仕上がっている。(純)

中央公論新社 1680円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT