376候補!ノーベル平和賞に過去最多の推薦

これまでの最多は2014年の278候補

 3月1日、ノーベル賞委員会は、今年の平和賞候補に過去最多376の個人・団体が推薦されたと発表。写真は、候補に含まれているとみられるスノーデン容疑者。モスクワからの中継映像をNY市で昨年9月撮影(2016年 ロイター/Andrew Kelly)

[オスロ 1日 ロイター] - ノルウェーのノーベル賞委員会は1日、2016年のノーベル平和賞の候補に、過去最多の376の個人・団体が推薦されたと発表した。

専門家によると、米当局の情報収集活動を暴露したエドワード・スノーデン容疑者や、コロンビア政府と反政府ゲリラの和平交渉関係者、米大統領選の共和党候補指名争いでリードするドナルド・トランプ氏が含まれるとみられる。シリア難民を地中海で救助したギリシャの島民らも推薦を受けたという。

同委員会のディレクターはロイターに対し、これまで最多だった2014年の278候補を大きく上回ったのは「嬉しい驚きだ」と述べた。

平和賞候補の推薦は2月1日締め切られ、受賞者は10月に発表される。賞金は約93万ドル(約1億円)。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
  • コロナ後を生き抜く
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT