どっこい生きてる地方中小私鉄、知恵と工夫で支える地域の足《鉄道進化論》


【智頭急行】京阪神-鳥取を大幅短縮した三セク路線の優等生

鳥取県東南部に位置する山あいの町、智頭。因幡街道を往来する旅人で賑わい、林業で栄えたこの町も今はひっそりと静まりかえっている。

智頭と岡山県上郡を結ぶ鉄道が計画されたのは1922年。約半世紀後の66年に建設が始まった。だが、すでに国鉄は慢性赤字に苦しんでいた。79年に閣議了解で建設中止が決定。95%も工事が完成していた智頭線は空しく放置されることになる。

この計画を第三セクター方式で復活させる動きが始まったのが85年。翌86年には近隣自治体などの出資で智頭鉄道(94年に智頭急行に社名変更)が設立された。87年に工事を再開し、94年に智頭線は開業した。

沿線には智頭宿、あわくら温泉などの魅力的な観光スポットが点在しているが、全国的な知名度は低い。また沿線人口も少なく、上郡-大原と大原-智頭間で運行されている普通列車はいつもガラガラの状態だ。

だが、同社の経常損益は、開業5年目の98年に早くも創業赤字から脱却、現在まで黒字を維持している。この背景にあるのが、JR西日本との特急の相互乗り入れだ。

鳥取、米子、松江など山陰諸都市は交通の不便に悩んできた。京阪神からは山陰本線の大半が単線・非電化で非常に不便だ。山陰住民の願いは京阪神へのアクセス改善だった。

山陽山陰連絡線は複数あるが、智頭線が開通する以前、大阪-鳥取を短時間で結ぶルートはなかった。当時は播但線経由の特急で約4時間半もかかっていた。それが智頭線の開通で2時間36分に短縮されたのだ。

智頭線には、京都-倉吉の「特急スーパーはくと」と岡山-鳥取の「特急スーパーいなば」が運行されている。スーパーはくとは智頭急行の車両だ。運行3年目の96年度から年70万人台を維持しており、乗車率も94年度の開業時から50%以上をキープ。「特急が普通列車の赤字を埋めて支えている」(北尾美佳・智頭急行総務係長)。中国横断道姫路鳥取線開通と高速道路料金引き下げに向けた対策、普通列車の利用促進などが今後の課題だ。


[写真]「京都-倉吉を結ぶ特急スーパーはくと」は、スマートな車体と豪華な内装が魅力だ

(週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。