明治キワモノ歌舞伎 空飛ぶ五代目菊五郎 矢内賢二著 ~生きた「現代演劇」だった明治の歌舞伎

明治キワモノ歌舞伎 空飛ぶ五代目菊五郎 矢内賢二著 ~生きた「現代演劇」だった明治の歌舞伎

評者 映画監督 仲倉重郎

 明治の歌舞伎は、興行のたびに書下ろしの新作が上演されたという。歌舞伎は「伝統芸能」を守るものではなく、生きた「現代演劇」であった。歌舞伎は、今のワイドショー的な情報であり見せ物の親玉でもあった。

実際に起こった事件や流行を材にとったものを「キワモノ」という。「明治」という新時代にふさわしい「キワモノ」がもてはやされた。それを嬉々(きき)として演じ続けたのが、五代目尾上菊五郎である。

菊五郎は、1844(天保15)年に生まれ、68(明治元)年8月、24歳で五代目を襲名。後に團菊として歌舞伎を支えた一方の雄だが、「素走ッこい人悦ばせの菊五郎」「日本一の器用役者」と評判をとった。

文明開化の象徴として、欧米の見世物が次々にやってきたが、景気のよさそうなものは何でも舞台にあげた。1886年、チャリネ率いる大サーカス団がきた時は、河竹黙阿弥に注文して舞踊劇に仕立てて、“象使い”など三役を演じた。

1891年10月、風船(気球)乗りのスペンサーがきた時、大群衆の中にしきりに写生している男がいた。菊五郎である。それは翌年1月、『風船乗評判高閣(ふうせんのりうわさのたかどの)』となり、スペンサーに扮した菊五郎は宙を飛んだ。

菊五郎は「本物そっくり」にこだわった。進行中の現実をいかに高精度に舞台で再現するかに執心した。高橋お伝を演じた時は、裁判所に通って取材したという。1890年代から1900年代は、「写実」への欲望が舞台にも客席にも充満している時代だった。

菊五郎は、どんな人物でも演じられるように肉体を鍛えていたという。実際に菊五郎が飛んだのは歌舞伎座の舞台の上に過ぎなかったが、心は世界を飛び、時代を飛んでいた。菊五郎の身体は世界を映す鏡でもあった。

やない・けんじ
日本芸術文化振興会(国立劇場)勤務。専門は日本芸能史、文化資源学。1970年徳島生まれ。東京大学文学部卒業。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程満期退学。

白水社 2625円 253ページ

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。