ハリウッドの就職事情、インターン探しで見えた米国エンタメ業界《ハリウッド・フィルムスクール研修記1》



 そんな無給かつ雑用まみれのインターンシップではありますが、そこから人気企業に入るのは簡単ではありません。特に留学生は言葉のハンデも卒業後の就業ビザの問題(9.11以降、外国人向けのビザ発行は非常に厳しいため本採用が難しい。ゆえにそもそも本採用につながるインターンの機会も限られてしまう)もありますので、苦労しています。

南米から来ているクラスメートは米国の大学を出ており言葉も私に比べればはるかに上手ですが、やはり読むスピードがネイティブに比べれば遅く、カバレッジの宿題(人気プロダクションでは事前に能力を見るため脚本を渡し、カバレッジを実際に書かせるところもあります)では相当苦労したそうです。かくいう私も20通以上の履歴書をスタジオに出しましたが、1通も返事さえ返ってきませんでした。

やっぱり「コネ」が大切なハリウッド

このような状況のなかで、無事インターンシップのオファーを得た学生は、人からの紹介で受かっている人が大半です。

前述の大手タレントエージェントに合格したクラスメートも、結婚式でたまたま出会った幹部社員に食い込み、食事に誘い関係を深めて紹介を受けたそうです(大手タレントエージェントはそもそもインターンの募集さえ公にはしていません)。

やはり私もロサンゼルスで映画に携わる大学の先輩に紹介を受け、大手スタジオの国際製作部門を受けに行ったところ、2日後には合格の連絡がきました。日本の映画市場に関して自分なりに資料を作って提出するなど、語学のハンデをクリアするための努力も認められたようですが、一番の決め手は「信頼できる人からの紹介」だったことでしょう。日本以上に、ハリウッドは「コネ」が幅を利かせるコミュニティでもあるのです。

ネイティブスピーカーでも何でもない超ドメスティック人間の私が、ハリウッドのスタジオで働くことなど考えてもみなかったですし、無給とはいえ学校では学べない貴重な経験になると思います。カッコいいことなど何もなく、地道な作業の連続になると思いますが、「インディジョーンズ」等をプロデュースしてきたハリウッドの超大物プロデューサー、フランク・マーシャルが講義に来たときにこんなことを言っていました。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT