習近平氏が国営メディア3社に要請したこと

人民日報、中国中央テレビ、新華社を訪問

 2月19日、中国の習近平国家主席は、国営メディア3社を視察し、世界に向けた中国に関する報道を改善し、国際的な影響力を高めるよう呼び掛けた。写真は北京で昨年11月撮影(2016年 ロイター/Jason Lee)

[北京 19日 ロイター] - 中国の習近平国家主席は19日、国営メディア3社を視察し、世界に向けた中国に関する報道を改善し、国際的な影響力を高めるよう呼び掛けた。

国営テレビによると、習主席は人民日報、中国中央テレビ(CCTV)、新華社を訪問。国際的な発信能力を高め、世界での発言を強化し、中国に関する報道を適切に行わなければならないと述べた。

習主席はこのほか、報道機関は中国共産党の方針に沿い、肯定的な宣伝を主要目的とする必要などがあると指摘。また、批評記事は「正確な内容で客観的な分析」でなければならないと述べた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。