上西京一郎・オリエンタルランド社長--本当に顧客志向なのかをゼロベースで再度見直す


 今、コミュニケーションが取りにくい時代といわれる。その中でゲストはディズニーに対して、もっとコミュニケーションを取りたいと思っているのではないか。たとえばITによって業務を効率化すれば、もっとゲストと話す機会を増やすことができるかもしれない。

今後もキャストのモチベーション向上には、カネだけでなく時間も含めて投資を続ける。それをやらなければ、キャストの中に現状維持でいいという気持ちが芽生え、どこかで必ずダウントレンドになる。

つねにゲストの期待を上回るサービスを提供するためには、進化し続けなくてはならない。しっかりと現場とコミュニケーションを取りながら一つの力にまとめていきたい。

うえにし・きょういちろう
1958年東京都生まれ。80年、中央大学文学部卒業後、オリエンタルランド入社。83年のパーク開業に立ち会う。その後、スポンサー営業やディズニーシーの開発などを担当。2003年総務部長、08年経営戦略本部長。09年4月社長就任。

■業績・事業概要など、会社情報の詳細はこちら

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 就職四季報プラスワン
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地方反撃 <br>「稼ぐ街」は何が違うのか

政府が地方創生を掲げてから4年半。地方の人口減は止まらず、地方経済は衰退している。地方創生には何が必要か?地域活性化に成功している街を徹底的に分析、再生のための具体的な処方箋を探る。自治体や街づくりの関係者にはアイデア満載の特集。