公立躍進校ルポ-大阪府立 大手前高校、東京の生活情報も与え、地元志向を見直させる《本当に強い中高一貫校》


 「もっと東京に目を向けさせてもいいのでは」--。

大阪府立大手前高校(大阪市)が、進学指導の新しい方針を打ち出したのは3年前。同校はもともと、同じ大阪府立の北野や天王寺と肩を並べるトップ進学校だが、在校生の志望先の多くが関西中心だった。「東大よりも京大」と、文句なく地元の大学を選ぶ生徒が多かったという。

それが悪いわけでは決してなかった。しかし、戸田徹教頭は、「京都大合格者の成績を見ると、トップクラスが多いことに気づいた」と言う。それなら、わが高の生徒も堂々と東大を目指せるのではないか、と。

生徒の目を東京にも向けさせた結果、これまで年0~2名程度にすぎなかった東大合格者数が、09年度は一気に7人に急増した。増えたのは東大だけではない。京大合格者数も前年比10人増、5年前比では実に24人増となる38人に躍進していた。

学部・学科を調べさせ体験学習で動機づける

やみくもに「東大を狙え」と受けさせたわけではない。関西志向が強い生徒はそれだけでは動かない。同校の野口俊一先生は「生徒に進学先を深く考えさせる情報を与えようと思いついた」と振り返る。

そこで取り組んだのが、大学進学への動機づけをはっきりさせるための“仕掛け”づくりだ。それが本格化するのは1年生の秋から。まず生徒たちに大学の各学部・学科とはどういうものなのかを調査させる。たとえばある生徒に「文学部」を調べさせるとすると、いったいどんな学部で、何が勉強できるのか、その学部で学んだことは将来どう生かせるのか。そこまで徹底して調べさせ、報告させるというものだ。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT