公立躍進校ルポ-大阪府立 大手前高校、東京の生活情報も与え、地元志向を見直させる《本当に強い中高一貫校》

拡大
縮小



 同校には普通科と理数科があり、難関大学への進学は理数科の生徒が中心となっている。各生徒に大学の学部・学科を調べさせたら、次は理数科・普通科ともに「体験学習」を用意する。同窓会にも協力を仰ぎ、あらゆる職業に就いたOBを招いて、その仕事ぶりを紹介してもらう。特に理数科については、京大在学中のOBも協力し、実際の大学の講義を受講する機会も設けていく。

こうした仕掛けの持つ意味について野口先生は、「どの学部へ行きたいかわかると、自然とよい大学に行きたくなるもの」と説明する。

学びたいことがはっきりすれば、どの大学のどの学部にどういう実績のある先生がいて、研究費や補助金の多いところはどこか、ということがわかってくる。生徒にも自然に、「研究費などの多い東大や京大に行けば、充実した勉強ができる」という動機づけができる。同校ではさらに、東京での生活費がいくらかかるのかといった、生活面での情報も提供。関西以外での生活に対する不安感を解消させ、落ち着いて受験勉強に取り組ませるためだ。

こうした一連の仕掛けは、進学志望先に対するはっきりとした動機づけこそが、学力向上へのインセンティブになることを証明している。

仕掛けの対象は今いる生徒たちにとどまらない。同校では中学生に加え、小学生をも対象に学校見学会を開催している。小学生まで対象を広げたのは私立対策にほかならない。

首都圏ほどではないが、関西圏でも私立中高一貫校が勢力を伸ばしているからだ。「親の関心をどう公立高校に向かせるか。それには授業参観など積極的なアピールが必要」(野口先生)。実際には小学生の見学会参加はまだ少ないが、今後は取り組みを強化していくつもりだ。

(週刊東洋経済)

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT