41.8%--「子どものためには自分が犠牲になるのはしかたない」と考える母親の割合《気になる数字》


 自分の生き方より子育てを優先し、子どものしつけや教育に関心の高い母親が増えている。

ベネッセコーポレーションのシンクタンクが、首都圏の幼稚園・保育園児の母親を対象として昨年秋に実施した調査によると、「子育ても大事だが、自分の生き方も大切にしたい」と考える母親は56.7%と過半数を占めたが、割合は1997年の74.7%、2003年の63.8%から減少。これに対し、「子どものためには自分が犠牲になるのはしかたない」とする母親はこの11年間で17.6ポイント上昇し、08年には41.8%に達した。また少数派ではあるが、「子どもの進路は、親が責任を持って考えるべき」「世間で名の通った大学に通ってほしい」も増加している。

こうした傾向が見られるのは、専業主婦だけではない。フルタイムで働く母親の場合、「子どものためには自分が犠牲になるのはしかたない」とする人の割合は、専業主婦に及ばないが、97年の17.9%から08年には38.4%と倍以上増加している。

その一方で、子育てをしながら働くことの負担感を8割超が抱え、「いい母親であろうとして、かなり無理をしている」人が増えるなど、働く母親の子育てをめぐるストレスや不安感は高まっている。

“余力・余裕”の乏しい母親に対する社会的なサポート、そして何より夫の理解と協力が必要だ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
企業の成長に最も大切なものは<br>新浪剛史氏インタビュー

社員を追い詰めながら業績をひねり出すのではなく、「まずは理念の共有」が新浪流。ローソンから移って5年目、サントリーホールディングスの舵を取る辣腕経営者が、米ビーム社統合でも貫かれた「社員を大事にする経営」の神髄を語る。