41.8%--「子どものためには自分が犠牲になるのはしかたない」と考える母親の割合《気になる数字》


 自分の生き方より子育てを優先し、子どものしつけや教育に関心の高い母親が増えている。

ベネッセコーポレーションのシンクタンクが、首都圏の幼稚園・保育園児の母親を対象として昨年秋に実施した調査によると、「子育ても大事だが、自分の生き方も大切にしたい」と考える母親は56.7%と過半数を占めたが、割合は1997年の74.7%、2003年の63.8%から減少。これに対し、「子どものためには自分が犠牲になるのはしかたない」とする母親はこの11年間で17.6ポイント上昇し、08年には41.8%に達した。また少数派ではあるが、「子どもの進路は、親が責任を持って考えるべき」「世間で名の通った大学に通ってほしい」も増加している。

こうした傾向が見られるのは、専業主婦だけではない。フルタイムで働く母親の場合、「子どものためには自分が犠牲になるのはしかたない」とする人の割合は、専業主婦に及ばないが、97年の17.9%から08年には38.4%と倍以上増加している。

その一方で、子育てをしながら働くことの負担感を8割超が抱え、「いい母親であろうとして、かなり無理をしている」人が増えるなど、働く母親の子育てをめぐるストレスや不安感は高まっている。

“余力・余裕”の乏しい母親に対する社会的なサポート、そして何より夫の理解と協力が必要だ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ルポ「ホームレス」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。