「恋人探しは出会い系サイト」が当たり前に

米国で若者の恋愛事情が急変

 2月11日、ピュー・リサーチ・センターの調査によると、米国ではネットを通じて恋人探しをする傾向が強まっていることが判明した。14日のバレンタインデーに合わせて発表された。写真は出会い系アプリ「ティンダー」(2016年 ロイター/Mike Blake)

[ワシントン 11日 ロイター] - ピュー・リサーチ・センターの調査によると、米国ではネットを通じて恋人探しをする傾向が強まっていることが判明した。14日のバレンタインデーに合わせて発表された。

米国の18歳以上の成人2001人を対象にした調査では、15%が出会い系のサイトまたは携帯アプリを利用したことがあり、2013年初めの11%から増加した。

18─24歳の若者では、2013年の約3倍となる27%が利用していると回答。携帯端末で「ティンダー」などのアプリを利用した若者は5%から22%へと約4倍に急増した。

ピューの調査担当者は「従来よりずっと効率的かつ簡便な方法で、潜在的なパートナーの中から相手を絞り込める」と指摘した。

利用者の5人に4人が出会いのための良い方法であると答えたが、一方で他の手段より危険性が高いと認める利用者も45%いた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT