正規・非正規の「賃金差」は埋められるのか

くすぶり続ける「同一労働・同一賃金」問題

 

正社員と非正規社員との賃金格差はなくなるのでしょうか?(写真:Rina / PIXTA)

政府は「一億総活躍社会の実現」に向けた最も重要な課題のひとつとして「同一労働同一賃金」を挙げました。検証する自民党の作業チームが会合を開き、「同一労働同一賃金」の定義を明確にしたうえで、実現に向けた提案をまとめることを確認しています。

「同じ仕事をしているのに給与水準が違う」という不満

この連載の過去記事はこちら

この件について、世の中の関心はどうでしょうか。当方は「同じ仕事をしているのに給与水準が違う」と感じている人はかなりいると考えます。たとえば、あるコールセンターの同じ事業所で働き、同程度の業務をこなしているスタッフでありながら、

・正社員で年収420万(交通費別支給)
・契約社員で年収300万(交通費別支給)
・非正規社員で年収330万(交通費なし)

 

と収入にばらつきが出たりするのです。おかしな話のようですが、当方もリクルート社時代に同一ではない賃金で同じ仕事をお願いしたことで大いにクレームを受けたことがありました。それは編集部門とか営業支援部門のスタッフを複数の雇用形態で採用した後のこと。当時の部下であるSさん(非正規社員)から

「いちばん大変な仕事をしているはずなのに、正社員の○○さんより給料が低いのはおかしい」

と厳しい指摘を何回も受けたのです。さらに非正規社員の数名がまとまって来てクレームにまでなったこともありました。

次ページ正社員を超える業務負担も
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT