世界の「サメ被害」、2015年は過去最多の98件

人とサメ双方が増えていることが要因

 8日、2015年のサメによる被害は98件となり、2000年に記録した過去最高の88件を更新したことが明らかになった。 写真は2015年11月24日撮影(2016年 ロイター//David Gray)

[オーランド(米フロリダ州) 8日 ロイター] - 2015年のサメによる被害は98件となり、2000年に記録した過去最高の88件を更新した。人とサメ双方が増えていることが要因という。

8日に公表された「国際サメ被害目録」(ISAF)によると、死者は6人で、ハワイでシュノーケルをしていた人が1人、インド洋上のレユニオン島沖で2人、このほかオーストラリア、エジプト、ニューカレドニアで各1人となっている。

ISAFを統括するジョージ・バージェス氏は、15年の死亡例は前年の2倍となったが、過去10年の平均水準とほぼ同じだったと分析した。ISAFは1958年に開始され、現在は米フロリダ大学内でまとめられている。

バージェス氏は被害増加の原因として、サメと人の両方が増えていることを挙げた。また、海水温の上昇でサメの生息範囲が拡大し、米国での被害海域が北上していると指摘した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT